IT

画期的な時代のうねりが到来|WEB会議やIoTで便利な世界に

ネットと物を繋ぐ

IT

インターネットとものを繋ぐことを、IoTと言います。様々なものをインターネットで操作したり制御したりすることが出来、様々な分野で導入が進められています。どのように活用されているのかを知っておきましょう。

この記事を読む

ネットで会議

会議

インターネットで各拠点を繋いで会議をすることが出来るシステムのことを、Web会議と言います。Web会議を導入することで、迅速かつ手軽に会議の場を持つことができます。また、経費削減の効果も期待できます。

この記事を読む

何とでもつながる

会議

企業の意思決定のスピードを促進し、遠方にある営業所とも密なコミニュケーションを取るのに適しているのがWEB会議です。インターネットを通じて、パソコンに相手の顔が表示され直接会話をすることが出来ます。これまで遠方にある営業所と直接顔を合わせて会議をするには直接足を運ぶ必要があったので、移動するまでの時間がかかっていました。また、移動する際にかかる交通費や宿泊費などのコストもかかっていたので、WEB会議を導入することによって時間とコストを削減することが出来ます。更に、会議をする相手と共有したい資料がある場合は、パソコンの画面で共有することが出来ますので資料を作成する手間とコストも削減することが出来ます。
遠方にいる相手と会議をすることが出来るシステムは大きく分けてWEB会議とテレビ会議の二つがあり、それぞれに違う特徴があります。テレビ会議はカメラのレンズが大きく音声の処理能力が高いので、大人数の会議を行う際に適したシステムと言えます。WEB会議は共有している資料を専用のアプリケーションで相互に書き換えることが出来るなどの機能がありますので、少人数の会議に適していると言えるでしょう。
インターネットで人と人を繋いで時間とコストを削減することが出来るのがWEB会議やテレビ会議ですが、近年はインターネットとものを繋ぐIoTというシステムも登場しています。IoTが搭載されている家電なども登場しておりより便利な暮らしをするサポートをしており、そのほかにも数多くの分野で導入され始めています。
このようなことから画期的な時代のうねりが到来してるといえるでしょう。

機能の違い

IT

WEB会議とテレビ会議の違いを把握することでより自社に適している方を導入することができます。大人数の会議に適しているのがテレビ会議で、少人数で質の高いやり取りをするならWEB会議が良いでしょう。

この記事を読む